[ウェブサービスレビュー]PNGのほかJPGやGIFにも対応したオンライン画像圧縮サービス「PunyPNG」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PunyPNG
内容:「PunyPNG」は、画像をアップロードするだけでファイルサイズを圧縮できるサービスだ。名前からしてPNGの圧縮専用のサービスと思われがちだが、JPGおよびGIFの圧縮にも対応したオールマイティな画像圧縮サービスだ。

 「PunyPNG」は、画像をアップロードするだけでファイルサイズを圧縮できるサービスだ。名前からしてPNGの圧縮専用のサービスと思われがちだが、JPGおよびGIFの圧縮にも対応したオールマイティな画像圧縮サービスだ。

  • 「PunyPNG」トップページ。フォーマットはPNGのほかJPG、GIFに対応する。「UPLOAD IMAGES」をクリックしてアップロードしたい画像ファイルを指定する

 使い方は簡単で、トップページの「UPLOAD IMAGES」をクリックして画像ファイルを指定するだけ。自動的にアップロードおよび圧縮が行われ、圧縮後のファイルサイズが表示される。あとは必要に応じてダウンロードするだけだ。

 サービスとしては有料のPRO版に重きを置いているようで、フリーで使う場合には機能にいくつかの制限がある。ひとつはアップロードできるファイルの容量が上限150Kバイトまでと、前回紹介したTinyPNG(上限3Mバイト)と比較しても相当きついこと。リサイズをしていない写真画像などはほぼNGであり、実質的にウェブサイトのパーツに限定されると考えたほうがよいだろう。

 もう一つは圧縮後にダウンロードできるのが低圧縮版のみで、高圧縮版を入手するにはPRO版の契約が必要なこと。本サービスではファイルサイズを5割程度圧縮できることも珍しくないが、フリーでダウンロードできるのは2割程度しか削減できないバージョンのみである。無料の会員登録を行なってもPRO版を契約しない限り条件は変わらず、少々残念な使い勝手である。

 一方で本サービスならではの優位性として挙げられるのは、圧縮時にExifデータを保持するか否か、またパレットの最適化をするかしないかを選択できること。とくに前者については、ファイルサイズは減らしたいもののExifの情報はそのままにしたいというニーズはあるはずで、これがオプションで選択できるのは便利だ。また冒頭に述べたようにGIFに対応していることもメリットだ。オンラインで使える画像圧縮サービスの一つとして、用途に応じて他サービスと使い分けるとよいだろう。

  • ファイルを指定するとアップロードが開始される。ファイルサイズの容量は上限150Kバイトまでとかなりタイト。一度に15ファイルをアップロードできる

  • 圧縮完了。55%も圧縮できるなど効果は高いが、フリー版では19%しか容量が減っていない低圧縮版しかダウンロードできない。なおオンラインで画質を比較できる機能はない

  • 無料の会員登録をすると利用できるようになるオプション画面からは、圧縮時にExifデータを保持するか否か、またパレットの最適化をするかしないかを選択できる。APIも提供されている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加