セガ、「サカつく」新作を10月10日に発売--PRキャラに中山雅史“監督”が就任

佐藤和也 (編集部)2013年06月13日 19時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 セガは6月13日、PS3/PS Vita用ソフト「サカつく プロサッカークラブをつくろう!」のCM・キャスト発表会を開催した。

  • 司会進行を務めたフリーアナウンサーの八塚浩氏(左)と、本作のプロデューサーを務める島野光弘氏(右)

 「サカつく」シリーズは1996年2月に第1作目が発売され、それ以降さまざまなプラットフォームで発売されているサッカークラブ経営シミュレーションゲーム。シリーズ最新作となる本作ではHD画質に対応し、試合シーンはリアルタイムに進行。プレイヤーの指示が選手にダイレクトに反映される。戦術設定や選手育成システム選手育成や人事・監督システムもパワーアップし、より戦略的で奥深いゲーム性に進化しているという。さらに、クロスプラットフォームに対応し、セーブデータはPS3版とPS Vita版で共有可能となっている。

 発表会のなかで、本作の発売日が10月10日に決定したことを発表。価格はPS3用のパッケージ版が8379円、ダウンロード版が7500円、PS Vita用のPS Vitaカード版が7329円、ダウンロード版が6500円となっている。またゲーム中では、秘書の1人としてタレントの小島瑠璃子さん、レポーター役としてタレントの橘ゆりかさん、約6年ぶりに復活したゲーム内の試合実況役として、フリーアナウンサーの八塚浩氏が担当する。

  • 発表会に登場した秘書役の小島瑠璃子さん(左)、レポーター役の橘ゆりかさん(右)

  • ゲーム中の小島瑠璃子さん

  • ゲーム中の橘ゆりかさん

 本作のプロモーションキャラクターとして、テレビCMに元日本代表の中山雅史氏とモデルやタレントとして活躍しているローラさんを起用。テレビCMでは中山氏は監督、ローラさんは秘書として登場。また2人はゲーム中にも登場し、中山氏が選手やコーチ役、ローラさんはテレビCMと同じく秘書として登場する。

中山雅史氏(左)とローラさん(右)
中山雅史氏(左)とローラさん(右)。2人の軽妙なやりとりで、終始笑いに包まれた発表会となった
  • ゲーム中のコーチとして登場する中山氏

  • ゲーム中の選手として出場する中山氏

 発表会では、CM中の役ながら監督就任にちなんだ記者会見を実施。中山“新監督”は開口一番「熱く、楽しく、ワクワクするサッカーを目指したい」と切り出した。どんな戦いにも挑んで勝ちを目指したいと意気込みを示し、目標とする監督としては、日本代表監督を務めたイビチャ・オシム氏を挙げた。たとえゲームであっても勝つことを目指したいと語る中山氏は、本作について「サッカーの奥深さを知ってもらいたい。クラブ経営の大変さを体感してもらうことを通して、サッカーを好きになって愛してほしいですし、サッカーがみなさんの日常にあふれることを望んでいます」とアピールした。

 なお、2人が登場するテレビCMが6月15日より放送を開始する。また予約特典として、「ゴン中山&ローラ プレミアムプロダクトコード」を封入。内容は、通常プレイでは23歳の選手として登場する「中山雅史」を16歳で獲得できるとともに、テレビCMで着用している特別衣装バージョンの秘書「ローラ」が使用できるとしている。

  • 現実さながらの就任記者会見に臨む2人

  • 16歳で登場するゲーム中の中山選手

(C)SEGA LICENSED BY J.LEAGUE Stats Stadium The use of images and names of the football players in this game is under license from FIFPro Commercial Enterprises BV. FIFPro is a registered trademark of FIFPro Commercial Enterprises BV.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加