logo

IBM、大規模人員削減を米国で開始か

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年06月13日 11時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間6月12日、米国において大規模な人員削減を開始したようだ。Bloombergが伝えた。

 Bloombergによると、今回の人員削減はあらゆる役職を対象としており、新入社員から幹部にまで及ぶという。

 IBMとその従業員にとっては残念なのは、これが単に複数回を実施しているレイオフの1つでしかない、つまり、過去数年間にわたる複数の人員削減の1つでしかないということだ。

 これらの人員削減は、4月に発表された世界規模でのリストラ策の一環である。

 同社は、例えばフランスにおいて、今後2年間をかけて同地域の人員約1200人を削減することを計画している。

 IBMは4月、期待はずれに終わった同社第1四半期決算発表後に、株価が8年間で最大の1日の下げ幅を記録している。

 Bloombergは、アナリスト予測を引用し、ニューヨークのアーモンクを拠点とするIBMがさらに全世界で6000~8000人をレイオフするだろうと報じている。これは、全従業員の約2%に相当する。

 これら施策の目標としては、同社全支出のうち約10億ドルを削減することにある。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集