logo

アップル、「iOS」と自動車の統合を強化へ--車載LCDで「iMessage」や地図が利用可能に

Wayne Cunningham (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年06月11日 10時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AppleはWWDC 2013の基調講演で、「iOS」と自動車の統合を強化することを発表した。

 基調講演では概要しか明かされなかったが、AppleのバイスプレジデントであるEddy Cue氏によると、本田技研工業(ホンダ)とMercedes、日産自動車、Ferrari、Hyundai、Kia、Infinitiがより多くのiOS機能を自社の自動車に統合し、車載LCDで地図や「iMessage」を利用できるようにする予定だという。

 現在、多くの自動車がiOSの音楽機能を統合しており、ドライバーはiOSデバイスを自動車のUSB端子に接続した後、車載LCDで音楽の閲覧や選曲を行うことができる。

 基調講演で披露されたプレゼンテーション写真には、地図や電話、音楽、メッセージングを呼び出すAppleのメニューボタンが表示された車載LCDのモックアップが写っていた。自動車メーカーはそのモックアップに含まれるAppleのメニューボタンスタイルを採用せずに、自社のダッシュボードインターフェースと調和するスタイルを使いたいと考える可能性が高い。

 今回発表された新たな統合機能によって、車内でより安全にiPhoneの機能を利用できるようになるだろう。なぜなら、ドライバーが実際にiPhoneを手に取らなくても、自動車のダッシュボードでiPhoneの機能を操作したり、視認したりできるからだ。

 Cue氏によると、この統合機能は早ければ2014年にも登場する見通しなので、2015年モデルで採用される可能性が高いという。しかし、自動車開発のペースはそれほど速くないので、最初はいくつかのモデルのみで採用される可能性が高い。さらに、自動車メーカーは統合テクノロジを徹底的にテストし、それが安全で、車内の環境に耐えうることを確認する必要もある。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集