logo

東芝、BSとCSもまるごと録れる新「レグザサーバー」--最大8ch全録対応

加納恵 (編集部)2013年06月05日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は、全録機能を備えたBDレコーダー「レグザサーバー」に、BS、CS対応の新モデル「DBR-M490」(M490)を追加した。6チャンネル、最大17日分のまるごと録画を実現する。発売は6月20日。店頭想定価格は17万円前後になる。

 M490は、5TバイトのHDDを内蔵したBDレコーダー。HDDをまるごと録画用の「タイムシフトマシン」スペース(4~4.75Tバイト)と通常録画用スペース(0.25~1Tバイト)に分け、全録と通常録画の両方が利用できる。従来のレグザサーバーは、地上デジタルのみのタイムシフトマシン機能を搭載していたのに対し、新製品ではBS、CS放送まで含めた形でのタイムシフトマシンを実現したことが最大の進化点。また、通常録画用に割り振られているチューナを使用することで、最大8チャンネル(BS、CSデジタル放送は最大5チャンネル分)までのまるごと録画ができる拡張性も備える。

 USB HDD接続にも対応し、最大4台までの同時接続が可能。従来、内蔵HDDのみタイムシフトマシン録画が可能だったが、M490では、USB HDDに2チャンネル分を割り振れる機能も装備した。

  • 「DBR-M490」

  • リアパネル

  • USB HDDの接続も可能。タイムシフト録画用としても割り振れる

  • リモコン

  • TVボタンを点灯させるとテレビの操作が可能になる

 液晶テレビ「REGZA」にも採用されている「ざんまいプレイ」を使用することで、録画済み番組の再生環境をサポート。視聴中の番組の関連情報が見つかる「ほかにもこんな番組」のほか、いつも見ている番組をリストアップしてくれる「いつもの番組」、録画番組の再生情報から好みの番組を推薦する「あなたにおすすめ番組」などをそろえる。

 加えて、ニュースで話題になっている用語や注目の人物名に関連する番組を探して再生する「急上昇ワード」、ジャンル、キーワード、チャンネルなどユーザーの任意の検索条件から、好みの番組をピックアップしてくれる「ユーザー任意番組」も用意され、膨大な録画済み番組の中から好みの番組を効率よく見つけられる。

 通常録画では、地上、BS、110度CSチューナを3基備え、最大3番組の同時録画を実現。「レグザブルーレイ」同様、「おまかせ自動録画」機能を備えたほか、スカパー!プレミアムサービスLink」も採用する。これにより対応チューナと本機をLAN接続すれば、チューナ側の予約録画設定だけで、スカパー!プレミアムサービスの録画が可能。録画内容はBDレコーダー側の録画予約一覧に反映される仕組みだ。

 本体には無線LANを内蔵し、専用アプリをダウンロードした「レグザタブレット」と組み合わせれば、外出先への録画番組持ち出しや放送中番組の視聴などにも対応する。

  • タイムシフト録画された番組は過去番組表から再生できる

  • タイムシフトマシン機能は曜日、時間帯などを指定できる

  • 「ざんまいプレイ」も装備

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集