フォトレポート:「X-47B」--無人航空機として初のカタパルト発艦に成功

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年06月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 「X-47B」無人戦闘航空システム(Unmanned Combat Air System:UCAS)デモンストレーターが航空母艦「USS George H.W. Bush」の上空を飛行している。米国時間2013年5月14日、米海軍の所有する2機のX-47B航空機のうちの1機が、今までいかなる無人航空機も成し遂げなかったことをした。X-47Bは航空母艦の飛行甲板からカタパルト発艦したのである。

 米海軍によると、X-47BはUSS George H.W. Bushから発艦した後、(同航空母艦に乗船したオペレータの制御の下で)バージニア州沖で予定されていた同航空母艦への低高度進入を数回行ったという。その後、チェサピーク湾の上空を飛び、約65分間の飛行を経て、メリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地に着陸したという。

 以降のスライドショーでは、X-47Bが2013年5月の歴史的な発艦を達成するまでの道のりを一部紹介する。

 「X-47B」無人戦闘航空システム(Unmanned Combat Air System:UCAS)デモンストレーターが航空母艦「USS George H.W. Bush」の上空を飛行している。米国時間2013年5月14日、米海軍の所有する2機のX-47B航空機のうちの1機が、今までいかなる無人航空機も成し遂げなかったことをした。X-47Bは航空母艦の飛行甲板からカタパルト発艦したのである。

 米海軍によると、X-47BはUSS George H.W. Bushから発艦した後、(同航空母艦に乗船したオペレータの制御の下で)バージニア州沖で予定されていた同航空母艦への低高度進入を数回行ったという。その後、チェサピーク湾の上空を飛び、約65分間の飛行を経て、メリーランド州パタクセントリバー海軍航空基地に着陸したという。

 以降のスライドショーでは、X-47Bが2013年5月の歴史的な発艦を達成するまでの道のりを一部紹介する。

提供: U.S. Navy photo courtesy of Northrop Grumman by Alan Radecki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加