logo

ヤフーのメール誤送信--新たに9万4317人分が判明

藤井涼 (編集部)2013年05月29日 17時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは5月29日、「ヤフオク!」の一部ユーザーへのメール誤送信に関する最新の調査結果を発表した。同社は5月27日、ヤフオク!を利用する最大835人のユーザーに対し、1427人分の「Yahoo! JAPAN ID」と「メールアドレス」を組み合わせたリストをメールで誤送信していた。

 調査を続けたところ、新たに最大179人に9万4317人分のYahoo! JAPAN IDとメールアドレスを組み合わせたリストを送信していたことが判明したとしている。なお、調査は完了しており、対象人数がこれ以上増えることはないという。

 誤送信の原因は、社内で一部のストア(出店者)からのメールマガジンを受け取る設定にしていたユーザーに対して、メールマガジンを送る際に担当者がオペレーションを誤ったことによるもの。同社では、対象者に個別にメールで謝罪するとともに、届いたメールの削除を求めたとしている。

 また、今回の事故を受けオペレーションを見直すとともに、システム上の異常な処理の検出機能を強化するとしている。

-PR-企画特集