ヤフー、1427名分のIDとメールアドレスのリストを誤送信--ヤフオク!の一部ユーザーに

坂本純子 (編集部)2013年05月27日 16時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤフーは5月27日、「ヤフオク!」において、一部のユーザーに別のユーザーの情報を含むメールを誤送信したことを明らかにした。

 ヤフーによれば、2013年5月25日21時頃、ヤフオク!を利用する最大835名のユーザーに対し、1427名分の「Yahoo! JAPAN ID」と「メールアドレス」を組み合わせたリストをメールで送信。リストは添付ファイルではなく、本文として送られたという。

 このメールアドレスは、ヤフオク!上の一部ストア(出店者)からのメールマガジンを受け取るためにユーザーが登録したものだという。

 事故の原因は、メールマガジンを送信するための社内作業の最中に、担当者がオペレーションを誤ったことによるもので、先日発表した不正アクセスの件とは関係がないとしている。

 ヤフーでは、既にメールの送信が完了してしまったユーザーに対して個別に連絡し、謝罪とともに、届いたメールの削除を依頼したいう。また、一部のユーザーの送信状況については確認が完了しておらず、現在調査中という。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加