Evernoteへの保存にも対応したWikipediaビューア「Wikit」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Wikit(Ver.1.4)
金額:無料(2013年4月29日時点)
カテゴリ:書籍&文献
開発:Galaxy Soft
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★☆

 「Wikit」は、Wikipediaを閲覧するためのビューアアプリだ。見た目は一般的なWikipediaビューアだが、端末内やEvernoteへのページ保存など、保存周りの機能が充実していることが特徴だ。

  • ホーム画面。アプリを起動するとまずWikipediaのトップページが表示される

 インターフェースは、いわゆるWikipedia用のビューアアプリとしては一般的だ。アプリを起動し、上部の検索窓に語句を入力すると、該当のページが表示される。各セクションは折りたたまれた状態になっており、必要に応じて開閉するという仕組みだ。

 本アプリが秀逸なのは、いちど検索したページをあとから呼び出す方法が充実していることだ。お気に入りに登録しておけば、同じページに繰り返しアクセスしたり、ページの更新状況を定期的にチェックする用途に役立つ。また端末内へのオフライン保存をサポートしているので、電波の届かないところで閲覧したり、最新のページと内容を見比べるのも容易だ。

 また、Evernoteへの保存機能もサポートしている。必要なページを逐一Evernoteに保存していけば、ほかのさまざまなデータとともにWikipediaの全文検索も行えるようになる。Evernoteメインで使っている人にとっては重宝するはずだ。

 このほか、複数のウィンドウを同時に開く機能もあり、並行してさまざまな調べ物をする際にはすこぶる便利だ。タブ表示にするか左右スワイプで切り替えられるようになるともっと使いやすくなりそうだが、現状でも完成度は高い。あまりメジャーなアプリではないが、普段使いのWikipediaビューアとしておすすめだ。

  • 上部の検索窓に単語を入れると検索が行われる。表示周りはごく一般的

  • 各セクションは折りたたまれた状態になっており、必要に応じて開閉する。なお縦長のページをスクロールしていると、ページの最上部および最下部へのショートカットの矢印が表示される

  • 保存周りの機能が充実しているのが強み

  • お気に入りのページをブックマークに登録しておける

  • オフラインへの保存にも対応する。右上の「最新版を表示」をタップするとオンライン上の現状ページが表示される仕組みだ

  • Evernoteへの保存も行える。右下の「ウェブページをクリップ」にチェックを入れると全文保存される

  • Evernoteに保存されたページ。全文検索も容易だ

  • 共有機能を使ってURLをブラウザに渡したり、メールで送信することも可能

  • 設定画面。フォントサイズの自由度がやや低いのと、履歴機能がないのが弱点といえば弱点

>>「Wikit」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加