logo

オーディオテクニカ、重低音ヘッドホン「SOLID BASS」に新機構搭載の新製品

加納恵 (編集部)2013年05月23日 17時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「ATH-WS55X」

 オーディオテクニカは5月23日、低域の表現力を強化したヘッドホン「SOLID BASS」シリーズに、オーバーヘッドタイプの「ATH-WS55X/WS33X」を追加した。発売は6月20日。価格はWS55Xが9975円、WS33Xが6300円になる。

  • 「ATH-WS33X」

 両機種ともに、専用の空気室を設けて低域を拡張する新開発の「エクストラチャンバーメカニズム」を採用。空気のバネ性を最大限まで高めることで、伸びのある重低音を再生するとしている。

 WS55Xは口径53mm、WS33Xは口径40mmのドライバユニットを内蔵。ハウジング全体で均等に側圧をかけ、重低音を耳に届かせる新装着構造を採用する。ヘッドバンドはどの位置でも自由に調節できる無段階のものを装備することで装着感を高めた。

 いずれも1.2mコードとL型プラグを採用。スイーベル機構を備え、折りたたんで簡単に持ち運べる。WS55Xは重量約195gでブラック、ブラックレッドの2色、WS33Xは重量約150gでブラック、レッド、ホワイトの3色をラインアップする。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集