「Windows 8で『iTunes』アプリは当面期待できない」:MS幹部が発言

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一 (ガリレオ)2013年05月11日 09時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 8」ユーザーは、いずれAppleの「iTunes Store」にある人気の高いアプリをすべて入手できるようになるだろう。だが、CNN Moneyが米国時間5月7日に掲載したMicrosoft幹部へのインタビュー記事によれば、「iTunes」が近いうちに利用できるようになるかどうかは疑わしいという。

 Microsoftの「Windows」部門で最高財務責任者(CFO)を務めるTami Reller氏によると、米国のホリデーシーズンまでにはAppleの「App Store」にある人気の高いアプリのほとんどをMicrosoftのアプリケーションストアで取り扱う予定だという。現在、Microsoftは6万以上のアプリを提供しており、ユーザーによるダウンロード回数は約2億5000万回に及ぶ。

 だが、Windows 8ユーザーが当面利用できない可能性の高いアプリが1つある。それは音楽とビデオを扱うAppleのiTunesアプリだ、とReller氏は言う。

 「Windows 8でiTunesアプリがすぐに使えるようになるとは期待しないでほしい」と、Reller氏はCNN Moneyの取材に対して述べている。「iTunesは非常に人気が高く、迎え入れる用意はできている。努力していないわけではない」(Reller氏)

 これはWindows 8を搭載するPCやタブレットのユーザーがiTunesをまったく利用できないという意味ではない。利用は可能だ。ただし、PCやタブレットを「デスクトップモード」にする必要がある。このモードは従来のPC向けインターフェースで、タッチスクリーン用インターフェースに比べると、キーボードやマウスでの操作にはるかに適している。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加