logo

アドビ、「Creative Cloud」移行後のファイルアクセスについて見解

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年05月10日 10時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは、同社の主要なソフトウェア製品について、サブスクリプションプランを通してのみ販売する決定を下したが、現在、その決定に関する1つの不満への対応に苦慮している。それは、デザイナーが同社ソフトウェアへのアクセスに料金を支払うことを止めると、自分のファイルを利用できなくなってしまうことに対する不満だ。

 「Creative Suite」サブスクリプションは事実上、「Adobe税」であるとの批判を受けたAdobeのプリンシパルプロダクトマネージャーのJohn Nack氏は、「ユーザーが自分の作品にアクセスできなくなることなど決してあってはならない。以上だ」と記している

 Nack氏は米国時間5月9日、次のように述べている。

 皆さんの作品は完全に皆さんの所有物だ。Adobeはそれに全面的に同意する。当社が長年、DNG規格(皆さんの写真を常に読み取り可能な状態に保つことを目的とする規格)やPDFのISO標準化などに懸命に取り組んできたのはそのためだ。

 これに関しては、さまざまな解決策がある。われわれは今後、より詳しい情報を発表できるように努力していくつもりだ。

 Adobeはこの問題の最適な解決法について、顧客の考えを聞かせてもらうことに関心がある、とも同氏は述べた。同氏は、そうした考えの1つを披露した。それは、有効なサブスクリプションを持たないユーザーでも自分のファイルを開いたり、印刷したり、ほかのフォーマットにエクスポートしたりできるようにする、という考えだ。

AdobeのCreative Cloudサブスクリプションには、ソフトウェアやサービスに加えて、ソーシャルネットワーキングやコラボレーション用のツールが含まれている。
AdobeのCreative Cloudサブスクリプションには、ソフトウェアやサービスに加えて、ソーシャルネットワーキングやコラボレーション用のツールが含まれている。
提供:Adobe Systems

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集