logo

NTTドコモ、タクシー無線に使えるFOMA対応トランシーバを開発

松田真理 (マイカ)2013年05月07日 19時38分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは5月7日、法人向け車載型パケット対応トランシーバサービスを開発したことを発表した。全国のFOMAエリアとFOMAプラスエリアで音声通話やデータ通信が利用できる。

 従来の業務用無線を利用している法人に向けて、9月に提供する予定。トラックやバスの運行管理、タクシー無線での利用を想定している。従来の業務用無線と異なり、無線免許申請や無線資格従事者による工事が不要となるため、コスト削減につなげられるという。

 対応するトランシーバ端末は、富士通テン製とモバイルクリエイト製の2種類を採用する。東京ビックサイトで5月8日から開催される「ワイヤレスM2M展」に対応機器を参考出展するという。


利用イメージ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]