logo

ソフトバンク、夏モデル7機種を発表--ヘルスケアサービスも

藤井涼 (編集部)2013年05月07日 14時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは5月7日、2013年夏モデルとなる新商品7機種を発表した。Androidスマートフォン6機種、モバイルWi-Fiルータ1機種のラインアップとなる。夏モデルは、すでに発売済みの「みまもりGPS 201Z」(ZTE製)と5月10日に発売予定の「シンプルスマホ 204SH」(シャープ製)を加えた9機種で展開する。

 今回の新商品は5機種のスマートフォンが高速通信サービス「SoftBank 4G」に対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が可能なのが特長だ。同日の記者発表会で登壇したソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏は、同社のネットワークのつながりやすさを強調し、夏モデルは「世界最強のネットワークを活用できる端末だ」と自信を見せた。

  • ソフトバンク代表取締役社長の孫正義氏

 夏モデルでは、2つのアプリを同時に操作できるアナザービュー機能を搭載した「AQUOS PHONE Xx SoftBank 206SH」(シャープ製)、5インチのフルHD液晶とクアッドコアCPUを採用した「ARROWS A SoftBank 202F」(富士通モバイルコミュニケーションズ製)、幅約60mmのコンパクトボディに2080mAhのバッテリを搭載した「AQUOS PHONE ss SoftBank 205SH」(シャープ製)、ワンセグやおサイフケータイなどの機能を搭載しながら約94gの軽量ボディを実現した「DIGNO R SoftBank 202K」(京セラ製)、音声メールや定型文メールによってさらに簡単な操作が可能になった「みまもりケータイ3 SoftBank 202Z」(ZTE製)をラインアップ。

 また、ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクからは、表情が変化するキャラクターフェイスが特徴のライブ壁紙とキャラクターケースが付属するスマートフォン「DM015K」が発表された。

  • 「AQUOS PHONE Xx SoftBank 206SH」

  • 「ARROWS A SoftBank 202F」

  • 「AQUOS PHONE ss SoftBank 205SH」

  • 「DIGNO R SoftBank 202K」

  • 「みまもりケータイ3 SoftBank 202Z」

  • 「Pocket WiFi SoftBank 203Z」

 モバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi SoftBank 203Z」(ZTE製)は、ソフトバンクモバイルとイー・モバイルの両ネットワークに対応。5000mAhの大容量バッテリを採用し最大13時間の連続通信を可能にした。USBケーブルで接続して、スマートフォンやタブレットに給電することもできる。

  • 「ソフトバンク ヘルスケア」のイメージ

 さらに、新たな健康管理サービス「ソフトバンク ヘルスケア」を夏以降に提供することも発表された。Fitbit社などのウェアラブルヘルスケアデバイスで記録した歩数や消費カロリーをクラウド上に蓄積し、それらのデータをもとに健康に関するアドバイスやサービスを提供する。料金は月額490円(2年契約が前提)で、リストバンド型のデバイス「Fitbit Flex」が付属する。

-PR-企画特集