遅延証明もスマホで発行できる公式アプリ「東急線アプリ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:東急線アプリ/東急線の運行情報・遅延証明書・ミニゲーム(Ver.1.0)
金額:無料(2013年4月30日時点)
カテゴリ:交通
開発:東京急行電鉄株式会社
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★★★

 2013年3月16日より、東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が始まった。また同時に、特急・通勤特急・急行列車の10両編成運転も開始されている。首都圏在中の人なら、より便利な環境になったといえそうだ。

  • 「東急線アプリ/東急線の運行情報・遅延証明書・ミニゲーム」のメイン画面

 そんな中、東京急行電鉄がスマートフォン向けアプリを公開した。「東急線アプリ/東急線の運行情報・遅延証明書・ミニゲーム」というアプリで、その名が示す通り、東急線の運行情報を確認したり、遅延証明を発行したりできる。特に、列車の遅延時は急いでいることが多く、証明を受け取る暇やタイミングを逃した場合などに重宝しそうだ。ミニゲームとしては、東急線キャラクター「のるるん」を使ったシャッフルゲーム(3枚のカードから、のるるんカードを当てる)が楽しめる。待合の片手間に遊べるだろう。

 “相互直通運転”というのは、運行会社にとって諸刃の剣でもある。輸送人員の増加により、運賃収入が増加する一方で、駅の素通りという問題も発生する。収入面を考えれば利用客を如何に駅内にとどめるか。利用して貰えるかというのが重要になる。魅力的な駅作り、駅周辺開発も重要な事業なのだ。本アプリでは、東急グループ各施設の情報やクーポンを閲覧、発行する機能がある。そういった意味では、駅利用のフォロー的な意味合いが強いのだろう。

 列車に関するアプリといえば、運行情報や乗換案内がメインだが、いわゆる“純正”だからこそできる遅延証明機能は秀逸。情報アプリとしても、またクーポンアプリとしても利用できるので、同線のユーザーなら導入をオススメしたい。

  • 画面下部の「クーポン」タブをタップすると、クーポン情報が確認できる

  • 画面下部の「お知らせ」タブからは、東急関連のニュースが閲覧可能

  • メイン画面の「遅延証明書」をタップすると、対象路線の遅延証明書が発行できる

  • 「のるるんシャッフル」は、伏せられ、シャッフルされたカードの中からのるるんが描かれたカードを当てるカードゲーム

>>「東急線アプリ/東急線の運行情報・遅延証明書・ミニゲーム」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加