米ヤフー、新たな広告機能「Stream Ads」を発表--「Yahoo Billboard」の刷新も

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月30日 13時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooの最高経営責任者(CEO)を務めるMarissa Mayer氏は、新たな製品や機能とともに、現代のモバイル技術を先取りした検索エンジンを提供する企業として同社を再構築する取り組みを進めている。そうした中、Mayer氏は従来の方法、すなわち広告で収入を得ることも考えている。

 Yahooは米国時間4月29日、新たに2つの広告機能を発表した。1つは「Yahoo Stream Ads」と呼ばれる新たな広告導入方法であり、もう1つは刷新された「Yahoo Billboard」である。

 Mayer氏は29日のブログの投稿で「われわれはユーザーにひらめきを与え、楽しませる製品や機能を構築する取り組みを進めており、魅力的かつ効果的な広告機会を実現することに注力している」と述べ、さらに次のように記している。「われわれはここ数カ月に、Yahooのエクスペリエンスをよりパーソナルで直感的な、そして没入的なものに進化させる取り組みを開始しており、当社のニュースストリームのように、より現代的なパラダイムを組み込んでいる」

 Yahoo Stream Adsは、Yahooのニュースフィードの横に表示され、Google広告に少し似ている。Mayer氏は「Stream Adsは当社のニュースフィード記事の対となるスポンサー広告であり、すべてがパーソナライズされ、関心を引くものになっている」と記している。ユーザーがYahooでより多くの時間を過ごすにつれて、広告はユーザーの関心に合わせてよりパーソナライズされたものになるという。

 一方、刷新されたBillboardは、ユーザーにより多くのコンテンツを提供することを目指している。ある種類の製品を取り上げると、ユーザーに追加情報へのリンクをさらに多く提供する。たとえば、Yahooの動画プレーヤーが映画のトレイラーサイトを表示する場合、ユーザーはクリックして映画の情報やチケットを入手することが可能になる。

提供:Yahoo
提供:Yahoo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加