logo

重低音ヘッドホンの代表格「SOLID BASS」に新生モデル登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の重低音ブームをリードする「SOLID BASS」

 少し前のヘッドホン市場を振り返ると、取り扱うメーカーもモデル数もまだ少なく、ましてや提供するメーカー側が音質を積極的に訴求することはなかった。しかしながら、時代とともに状況は変わり、現在ではより明確に音の方向性を訴求する手法が当たり前になっている。特に近年のブームとなっているのが重低音モデルだ。

 どこからが重低音モデルに該当するのか、というはっきりした定義はないが、音楽ジャンルと合わせて大まかに捉えるなら、ベースやドラムの効いたロックやテクノ、HIPHOPなどを聴く際に相性が良く、より迫力のあるサウンドが楽しめるヘッドホンと理解していいだろう。今ではどこの量販店でも1つのコーナーとして拡販されており、しばらくこの波は続いていきそうだ。

 こうした重低音モデルの中心にいるのが、オーディオテクニカの「SOLID BASS(ソリッドベース)」シリーズである。“圧倒的な低域表現”をコンセプトとして2009年に登場して以来、インナーイヤーからオーバーヘッドモデルまでさまざまなラインアップを展開してきた。そしてこの4月、型番に“X”の冠を付けた新製品、インナーイヤーヘッドホン「ATH-CKS77X」と「ATH-CKS55X」が発売されたばかりだ。5月にはiPod/iPhone/iPad専用モデル「ATH-CKS55Xi」とスマートフォン用モデル「ATH-CKS55XiS」も用意されている。ここでは、上位機種となる「ATH-CKS77X」の実力をチェックしていく。

  • 「ATH-CKS77X」(価格:8925円)。ブラック、ブラックレッド、ホワイトの3種類のカラバリを用意する

  • 「ATH-CKS55X」(価格:5040.円)。ブラック、ブラックゴールド、ホワイト、ブラックレッドの4種類のカラバリを用意する

  • iPod/iPhone/iPad専用モデル「ATH-CKS55Xi」(価格:6300円)。付属のリモートコントローラー/マイクにより、iPhoneなどでの基本操作や通話が手元で行なえる

  • スマートフォン用モデル「ATH-CKS55XiS」(価格:5670円)。付属のマイク付きリモートコントローラーにより、スマホでの通話や音楽の再生/一時停止などが手元で行なえる

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集