logo

ゲーム専用機不要で楽しめるクラウドゲーム「ひかりTVゲーム」を6月に開始

加納恵 (編集部)2013年04月17日 17時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTぷららは4月17日、動画配信サービス「ひかりTV」向けの新サービスとしてテレビ向けクラウドゲーム「ひかりTVゲーム」を開始すると発表した。提供開始予定は6月3日。月額525円で約50タイトル(サービス開始当初は約30タイトル)のゲームが楽しめる。

 ひかりTVゲームは、クラウド上にあるゲームタイトルを光回線などを通じて対応チューナで受信し、ゲームをストリーミングで楽しめるというもの。ゲーム専用機が不要となり、ソフトの購入やダウンロードといった作業もいらない。

  • 「ひかりTVゲーム」の概要

  • クラウドゲームの図解

 ゲームタイトルはコナミ「プロ野球スピリッツ LIVINGMANAGER」、タカラトミー「人生ゲーム×ひかりTV」などひかりTV向けのタイトルを用意するほか、スクウェア・エニックス、ワーナー・ブラザース、シルバースタージャパンなど10社以上が提供する予定だ。対応チューナ付属のリモコンから操作ができるほか、専用コントローラも用意。スマートフォン向けのリモコンアプリも提供される。

 コントローラからの信号は、対応チューナ経由でネットワークに送信され、ネットワーク側ですべて処理される仕組み。ゲームを途中でストップしても、前回までの状態はクラウド側に保存される。これらのコア技術に関してはブロードメディアとGクラスタ・グローバルによる「Gクラスタ」という技術を使用している。

 サービスを利用するには、同じく6月3日から提供を開始するスマートテレビ対応ひかりTV用新チューナが必要になるが、現行チューナでの利用も2013年第2四半期(7~9月)をめどに実施する予定。同様にテレビだけではなく、スマートフォンやタブレット上からもゲームがプレイできるようになる見込みだ。

 同社では動画配信に加え、ショッピング、電子書籍、音楽配信などのサービスをすでに展開中だ。新サービスとなるひかりTVゲームは、テレビ向けクラウドゲームサービスとしては日本初登場になるとしている。

  • 専用コントローラも用意する

  • 専用アプリをインストールすればスマートフォンをリモコンとして利用できる

  • コナミ「プロ野球スピリッツ LIVINGMANAGER」のプロモーション映像

-PR-企画特集