アップル、幹部4人がS&P 500企業報酬額トップ5入り--CEO移行期の幹部維持で多額報酬

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月16日 11時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの2012会計年度において、同社幹部陣の4人がStandard & Poor 500企業の報酬額上位5人に入った。しかし、そのリストに名を連ねた顔ぶれを見たら、読者の皆さんは驚くかもしれない。

Bob Mansfield氏
Bob Mansfield氏
提供:CBS Interactive

 世界の上級幹部陣の一部から報酬データを収集したBloomberg BusinessWeekによると、Appleのテクノロジ担当シニアバイスプレジデントのBob Mansfield氏と最高財務責任者(CFO)のPeter Oppenheimer氏、ゼネラルカウンセルのBruce Sewell氏、オペレーション担当シニアバイスプレジデントのJeff Williams氏が報酬額上位5人にランクインしたという。

 この中で最も報酬が多かったのはMansfield氏で、Appleの2012会計年度に8550万ドルもの収入を得た。Bloombergによると、Sewell氏とWilliams氏の報酬は、それぞれ6900万ドルと6870万ドルだったという。Oppenheimer氏の報酬は、Williams氏よりわずかに少ない6860万ドルだった。

 これらの幹部陣に対する報酬のほぼすべては、株式という形で支払われた。全員が80万5400ドルの基本給を得た。Appleによると、同社はSteve Jobs氏からTim Cook氏への「最高経営責任者(CEO)移行期間中、同社の幹部チームを維持するため」、上級幹部陣に多額の報酬を与える決定を下したという。

 それは、前述した4人のApple幹部の上司であるCook氏はどうなのだろうか。同氏の報酬はわずか417万ドルで、Bloomberg BusinessWeekの調査では1016位だった。しかし、同氏に同情してはいけない。何よりも同氏は2011年、3億7800万ドルの制限付き株式報酬を得ている。

 その一方で、OracleのCEOであるLarry Ellison氏に匹敵する報酬を得たApple幹部は1人もいなかった。Ellison氏は2012年、総額9620万ドルもの報酬を得た。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加