サムスン、大画面「GALAXY Mega」スマートフォンを発表--5.8インチと6.3インチの2機種

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月12日 09時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サムスンは、新しいスマートフォン2機種を発表した。一般的なスマートフォンよりも大きな画面サイズを特長としている。

 サムスンは現地時間4月11日、「GALAXY Mega」と名付けられた、5.8インチと6.3インチの2機種の端末を発表した。2機種とも「Android 4.2」(開発コード名「Jelly Bean」)とデュアルコアプロセッサを搭載する。6.3インチ版のプロセッサは1.7GHz、5.8インチ版は1.4GHzである。どちらも8メガピクセルの背面カメラと1.9メガピクセルの前面カメラを搭載する。

 サムスンの「Mega 6.3」は、内蔵ストレージが8Gバイトまたは16Gバイトで、microSDスロットによって64Gバイトまでストレージ容量を拡大できる。「Mega 5.8」の内蔵ストレージは8Gバイトである。

 サムスンは、Megaの薄型設計とソフトウェア機能を強調しているが、同端末で最大のインパクトを与えるのはその画面サイズである。Appleの「iPhone」の画面サイズは4インチ、サムスン最新機種の「GALAXY S4」は5インチだ。

 サムスンは、2013年5月から欧州とロシアで提供開始するとのみ述べている。発売時期は市場によって異なり、段階的に提供開始される予定だと同社は述べた。

GALAXY Mega 6.3(左)とGALAXY Mega 5.8(右)
GALAXY Mega 6.3(左)とGALAXY Mega 5.8(右)
提供:サムスン

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加