パナソニック、スマホと相性抜群のBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2013年04月08日 16時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは4月8日、スマートフォンなどと組み合わせて使用できるスピーカシステム「SC-NE5/NE1」を発表した。Bluetoothによるワイヤレス接続に対応する。発売は5月17日。CDユニットを付属したNE5(店頭想定価格:4万5000円前後)と、ワイヤレススピーカのみのNE1(同:2万3000円前後)の2モデルをラインアップする。

  • 「SC-NE5/NE1」

 8cmのウーファと2.5cmのセミドーム型トゥイータを内蔵した2ウェイ構成で、独自の「エアロストリームポート」と「ロングストロークウーハー」により歪みの少ない重低音再生を実現。スピーカコーンには竹繊維を採用した「ナノバンブースピーカー」により、クリアな高域再生を行い、キレのある音を再生するとしている。

 NE5に付属されるCDユニットは、前面にiPhone/iPodドック、背面にCDプレーヤーを備えており、Bluetoothによるワイヤレス再生ができるほか、iPod/iPhone/iPad接続時はAirPlayにも対応。iPhone/iPodドックはiPod touch(第5世代)、iPod nano(第7世代)、iPhone 5との接続が可能で、それ以外のモデルではUSB経由での接続になる。

 高域信号を演算補正して再現する「Bluetooth リ.マスター」を搭載し、ワイヤレスでも高音質再生をサポート。独自の音楽再生アプリ「Panasonic Music Streaming」を使用すれば、DLNA/Bluetooth/AirPlayを通じて、このアプリ1つでスマートフォンやDLNAサーバに保存されている音楽ファイルをワイヤレス再生できる。

 スピーカユニットは、高さ206mm×幅570mm×奥行き100mmで、重量約2.8(NE1は2.7)kg。いずれもAC電源を使用する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加