logo

ソニー、WALKMANもiPhoneもつながるマルチコネクタ装備のシステムステレオ

加納恵 (編集部)2013年04月05日 14時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月5日、Bluetoothによるワイヤレス接続に加え、USBとWM-PORTを搭載し、ウォークマン、スマートフォン、iPhoneなどと連携できるシステムステレオ3機種「CMT-BT80W」(店頭想定価格:4万円)、「CMT-BT60」(同:3万5000円)、「CMT-BT40」(同:2万7000円)を発表した。いずれも4月20日に発売する。

 全機種CDプレーヤーとFMチューナを内蔵したほか、BluetoothとNFCを備え、NFC対応機器であれば、ワンタッチでのワイヤレス接続が可能。Bluetooth接続時の音声コーデックは従来のSBCに加え、apt-X、AACをサポートすることで低遅延、高音質再生を実現した。

 上位機となるBT80WのみWi-Fi接続による、DLNA、AirPlayでの再生に対応。DLNA接続時は、スマートフォンやタブレットから楽曲情報の取得や各種操作ができるアプリ「Network Audio Remort」も提供する。

  • 「CMT-BT80W」

  • 「CMT-BT60」

  • 「CMT-BT40」

 いずれも、本体には直径6.5cmのフルレンジスピーカ2つと、パッシブラジエータ2つを内蔵。BT80W、BT60には、スピーカユニットに「磁性流体」サスペンション構造を採用することで、消費電力を抑え、クリアな高音質再生と実現するとのことだ。

 本体にはウォークマン専用ケーブルが付属され、ウォークマンへのCD、ラジオ録音が可能。録音時のビットレートは従来の128kbpsと256kbpsが追加された。CD録音時は約2.5倍速での録音に対応するほか、ラジオはタイマー録音ができる。

 サイズは高さ202mm×幅481mm×奥行き86mmで、重量約3.0(BT40は2.8)kg。AC電源を使用するが、トランスを内蔵することで供給電圧を向上させ、スピード感ある低音再生を実現しているという。

  • 背面にはUSBとWM-PORTを備える

  • ウォークマン専用ケーブルが付属される

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集