アマゾン、「AutoRip」サービスをビニール盤レコードにも拡大

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月04日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazonは、楽曲をクラウドに保存できる「AutoRip」サービスの対象に、ビニール盤レコードを追加した。

 同社は1月にAutoRipサービスを開始した。このサービスは元々、ユーザーがAmazonで購入する、あるいは過去に購入したCDのデジタルコピーを「Amazon Cloud Player」にも保存できるようにするというもの。同社は米国時間4月3日に発表したプレスリリースで、ビニール盤レコードもこのサービスの対象にすると述べた。どのビニール盤レコードがデジタルコピーを提供しているのかは、AutoRipのロゴの有無で判断できるという。

 このサービスは、ユーザーがAutoRip対象のビニール盤レコードを購入した際、そのユーザーのCloud Playerライブラリに同じ楽曲が自動的に無償で追加される仕組みになっている。デジタルコピーは直接再生してもよいし、ダウンロードすることもできる。またAmazonによると、同社Music Storeが初めてオープンした1998年以降に購入された、AutoRip対応のビニール盤レコードについても、ユーザーは自らのCloud Playerライブラリに該当アルバムのデジタルコピーを無償で取得できるようになるという。


AutoRipの対象となるビニール盤レコードの一部
提供:Screenshot by CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加