logo

ウェブ戦略にビッグデータを駆使するリクルートの「SUUMO」 - (page 3)

岡田靖 怒賀新也 (編集部)2013年04月01日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今後1年のテーマはオフラインとソーシャル

 「スマートフォンで特に顕著なのですが、何か別のことをしながらサイトを利用する人は多いはず。そこで、『ながら』でも探せるようにしていくような工夫が必要です。逆に、これまでのように能動的に探すユーザーにとっては、レコメンドが邪魔という場合もあるでしょうから、ユーザーごとにカスタマイズできるようにしていく方向で取り組むことが大切です」(川本氏)

 サイト内だけではない、オフラインデータやソーシャルネットワークでのユーザー行動の分析にも、現在まさに取り組んでいる。「これらは今後1年のテーマ」と話す川本氏。例えばオフラインについては、モデルルームの来場記録をSUUMOのログデータとつなげ、オンラインプロモーションやテレビ広告などの効果を測るのに使っていく考えという。

 また、購入意向のある物件を友人に伝えたいというニーズは想定しづらいため、「ソーシャルは不動産という商材にあまり合わない」と考えられているが、一方で「ブランド戦略の観点では重要と」(川本氏)としている。

 また、不動産会社などとのデータ連携も段階的に進めている。SUUMOはユーザーに関する膨大な情報を持つ一方、不動産会社は物件についての詳細な情報を持ち、互いにメリットが期待できる。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]