アップル、インドのフランチャイズ店舗数を2015年までに3倍に--現地報道

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年03月27日 10時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、インドで開店を許可する店舗の数を今後数年で劇的に増やす計画だ。

 インドのThe Economic Timesによると、Appleは同国での「一手販売店」の数を2015年までに3倍に増やす計画だという。同サイトの情報筋で、現在Appleの一手販売店を複数運営している人物らは、同社が2015年までにこうした店舗をインド各地で約200カ所で展開する予定だと述べている。

 Appleはインドにおいて、米国などとは少し異なる方法で店舗を運営している。インドでは、Appleと契約した17のフランチャイズ加盟者が、同社の製品を独占的に販売する店舗を運営してきた。これらの店舗は「Apple Premium Reseller」と呼ばれ、Apple製品を購入したいと考えるインドの人々が訪れる人気の場所となっている。

 フランチャイズ加盟者らはThe Economic Timesに対し、Appleは一手販売店の数を増やすほか、インド全国で同社製品を販売する大規模小売店の数を拡大する可能性もあると述べた。


香港のアップルストア
提供:Apple

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加