logo

スクエニHD、2013年3月期の業績予想を下方修正--約100億円の特別損失計上も

佐藤和也 (編集部)2013年03月26日 17時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スクウェア・エニックス・ホールディングスは3月26日、平成25年3月期の通期連結業績予想の下方修正と特別損失の計上を発表した。

 修正した業績予想は売上高が1450億円(2012年10月30日の公表予想は1500億円)、営業利益は60億円の赤字(同75億円の黒字)、経常利益は50億円の赤字(同65億円の黒字)、当期純利益は130億円の赤字(同35億円の黒字)。

 今回の下方修正については、欧米における家庭用ゲーム機向けの大型ソフトの販売が伸び悩むなど、デジタルエンタテインメント事業において、実績が計画を大きく下回り、アミューズメント事業においても、AM機器事業が業績不振になったためとしている。

 また、開発方針の変更や組織体制の見直し、一部ビジネスモデルの変更等を行うため、事業再編に関する損失約100億円を特別損失として計上する見込みとしている。

-PR-企画特集