logo
林智彦の電子書籍days

書籍にまつわる都市伝説の真相--委託販売、再販制度は日本だけなのか(3) - (page 3)

林 智彦(朝日新聞社デジタル本部)2013年03月26日 10時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※クリックすると拡大画像が見られます

 赤の矢印(モノの動き)がない電子書籍では、小売価格の決定を除いては、「ホールセール」と「エイジェンシー」の違いはほぼ、ないことがわかる。

まとめ

 以上、やや細かい議論に走りすぎてしまったかもしれない。これまでに述べたことをまとめると、次のようになる。

  • 「委託販売」「再販制度(定価制度)」は日本だけのものではない
  • だから紙の書籍の販売形態について、日本の特異性が「出版の衰退」に結びついている、という論は、諸外国と比べた再考が必要
  • 電子書籍と紙の書籍では前提が違う。「委託販売=エイジェンシー・モデル」「買取販売=ホールセール・モデル」と同一視できない
  • そのため、紙の書籍と電子書籍の違いを無視した「電子書籍論」も再考する必要

 何か新しい現象が起きると、海外の事例を部分的に引き合いに出して、十分な検証をしないまま「変革」を迫るのは、文明開化以来、日本の知識人が捨て切れていない悪弊ではないかと感じることがある。

 「◯◯(他国)ではこうなっている」という「出羽の守」が多数登場して、そうした観察に基づいた「処方箋」を提示するが、各国のどんな制度も、その国の文化や歴史的・地理的事情と結びついており、仕組みだけを輸入することは容易ではないし弊害もある。海外の事例に対する理解が間違っている場合は、さらに弊害は拡大する。

 ましてや、電子書籍という新しいメディアに、(紙の)書籍という古いメディアの仕組みをすべて移入する必要があるかどうかは、慎重な判断が必要だ。やり方によっては、新しいメディアの可能性をつぶすことにもなりかねない。

 このことは、資料を見る限り、米国や欧州の当局も、十分意識している。それに引き換え、日本では、こうした配慮があまり見られないように感じる。

 次回は、米国と欧州で勃発した「電子書籍価格裁判」で本当は何が問われたのか、について触れてみたい。ここでも通念に反して、出版社による「定価」販売が否定されたわけでも非合法になったわけでもないのだ。

参考文献

  • Davies, Gill, and Richard Balkwill. The Professionals' Guide to Publishing : a Practical Introduction to Working in the Publishing Industry, Philadelphia : Kogan Page Limited, 2011.
  • Department of Justice. “USDOJ: Antitrust Division U.S. v. Apple, Inc., Hachette Book Group, Inc., Et Al..” Department of Justice. Accessed March 17, 2013. (リンク
  • Epstein, Jason. Book Business, W. W. Norton & Company, 2002.European Commission. “Case Search ? Competition - European Commission.” European Commission. Accessed March 17, 2013. (リンク
  • European Commission. “Case Search ? Competition - European Commission.” European Commission. Accessed March 17, 2013. (リンク
  • Greco, Albert N. The Book Publishing Industry, Boston : Allyn & Bacon, 1997.
  • Kampmann, Eric M. The Book Publisher's Handbook, Beaufort Books, 2007.
  • OECD. E-Books: Developments and Policy Considerations. Vol. 208, OECD, October 29, 2012. doi:10.1787/5k912zxg5svh-en.
  • Randall, Linda M. Reluctant Capitalists, Routledge, 2012.
  • Thompson, John B. Merchants of Culture, Polity, 2010.
  • Wilson, Britanie, and Jeremy Lucyk. A Very Brief History of the Book-Publishing Industry, Centennial College Press, 2012.
  • Woll, Thomas, and Dominique Raccah. Publishing for Profit : Successful Bottom-Line Management for Book Publishers, Chicago, Ill. : Chicago Review Press, 2010.
  • 佐々木俊尚『電子書籍の衝撃』, ディスカヴァー・トゥエンティワン, 2010.
  • 公正取引委員会. “書籍・雑誌の流通・取引慣行の現状.” 公正取引委員会, June 19, 2008.
  • リンク
  • 山田順『出版・新聞絶望未来』, 東洋経済, 2012
  • 岸博幸『アマゾン、アップルが日本を蝕む 電子書籍とネット帝国主義』Php研究所, 2011
  • 服部有希“【フランス】 電子書籍の価格規制に関する法律.” 外国の立法, January 1, 2012.(リンク
  • 服部有希 “フランスにおける電子書籍の価格規制―電子書籍と再販制度について―.” 外国の立法 no. 2012 (May 31, 2012): 1-11.(リンク
  • 梶善登 “諸外国の書籍再販制度.” レファレンス (April 15, 2009): 1-25.(リンク

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]