グリーンハウス、タッチパネルを採用した21.5型液晶モニタ

加納恵 (編集部)2013年03月18日 16時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 グリーンハウスは3月18日、21.5型のワイドタッチパネル液晶モニタ「GH-JCJ223GSHLB」を発表した。2ポイントのマルチタッチに対応する。発売は3月下旬、店頭想定価格は2万9800円になる。

 指によるタッチ操作のほか、タッチペンでの操作も可能で、画面への手書き入力もできる。2ポイントのマルチタッチ機能により、拡大や画像の回転などの操作にも対応。パネルは、500万対1のダイナミックコントラスト、上下160度、左右170度の広視野角タイプで、硬化ガラス製保護フィルタを内蔵し、キズや汚れをしっかり防げるとしている。

 サイズは高さ373.4mm×幅516.3mm×奥行き123.6mmで、重量約4.5kg。ミニD-sub15、DVI-D、HDMI入力端子を備え、3台の機器を切り替えて使用することが可能。本体に収納できるタッチペンも付属する。

 本体には電源を内蔵し、電源ケーブルのみのすっきりとした配線で使用することが可能。消費電力は最大30Wだが、省電力モード時は1W以下の低消費電力を実現している。


「GH-JCJ223GSHLB」
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加