「FxCamera」、ソーシャルメディア活用のチャリティプロジェクトを開始

佐藤和也 (編集部)2013年03月05日 16時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ビットセラーは3月5日、スマートフォン向けカメラアプリ「FxCamera」のチャリティプロジェクトを開始した。

 このプロジェクトは、利用ユーザーがチャリティ専用に用意された新しいエフェクト(Planet、Waterdrop、Aqua)で写真を撮影し、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアにて共有されると、NGOならびにNPO団体へ自動的にビットセラーから1セント(約0.9円)を寄付するというもの。

 なお、Android版から先行してバージョンアップを実施しチャリティプロジェクトに対応。iOS版も順次リリースするとしている。

  • 「Planet」エフェクト

  • 「Waterdrop」エフェクト

  • 「Aqua」エフェクト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加