logo

透明なスマートフォンが2013年に登場?--台湾の企業が開発中

Christopher MacManus (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年02月25日 13時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スマートフォンの多くは遠くからは同じに見える。ほとんどの人が、薄く長方形で大画面のスマートフォンを持っているはずだ。これではおもしろくない。

 台湾の企業Polytron Technologiesは、完全に透明というコンセプトのスマートフォンを開発している。このスマートフォンは、今日のありふれたデザインとは異なるおしゃれなスマートフォンであふれる未来が来るのではないかという希望を持たせてくれる。

 Mobile Geeksは、Polytronによる、スマートガラスでできた透明で印象的な端末を見る個別の機会を得た。しかし現在のバージョンではまだ電話をかけることはできず、現代のテクノロジの限界により完全に透明ではないことは考慮する必要がある。

 SIMカードやSDカード、マイクなどは内部にあるのがはっきり見える。Polytronは、より完成したデバイスに近づけようと取り組んでおり、これら複数の見えているコンポーネントを下部の不透明な陰のエリアに移して、カメラなどを暗めのガラスで隠す計画だ。

提供:Screenshot by Christopher MacManus/CNET
提供:Screenshot by Christopher MacManus/CNET

 しかしそれだけではない。Polytronの「Switchable Glass」のテクノロジ(「Polyvision」というスマートガラスをベースにしている)によって、電話全体は使っていない時は不透明で、電源を入れると透明に見えるようだ。

 Polytronはおそらく、透明と不透明が切り替わるディスプレイのテクノロジをうまく説明している。「電源が入っていない時に、液晶分子がランダムに動いて入射光が散乱し、画面が不透明になる。電力が加わると、液晶分子はきれいに並んで入射光が通過し、画面は透明に見える」

 Mobile Geeksによると、Polytronは、動作する透明なスマートフォンのプロトタイプの製作を計画しており、さらに2013年末までに限定生産できるよう取り組んでいるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集