アップル、「OS X」向けJavaアップデートをリリース--脆弱性に対処

Topher Kessler (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高森郁哉 (ガリレオ)2013年02月20日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleや他社のコンピュータに問題を引き起こした最近のセキュリティ侵害を受けて、Appleは穴をふさぐべく、「OS X」上のJavaに対応するアップデートをリリースした。

 このアップデートは米国時間2月19日午後、Appleの「Software Update」サービス(Appleメニューからアクセス可能)を通じてリリースされた。また、「OS X Snow Leopard」とそれ以降のバージョンに対応するスタンドアロンのアップデートが、以下から入手できる。

 同アップデートのリリースノートによると、これはAppleによって提供されたJavaの全バージョンを無効にするという。また、Javaが必要なユーザーには、Oracleから最新版をダウンロードするよう推奨されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加