ドコモの「らくらくスマートフォン」、仏通信事業者が導入

松田真理 (マイカ)2013年02月20日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは2月19日、富士通製スマートフォン「ドコモ らくらくスマートフォン F-12D」(F-12D)が仏通信事業者France Telecom-Orangeに導入されることが決定したと発表した。現地での製品名は「STYLISTIC S01」となる。

 F-12Dは、らくらくホンシリーズ初のスマートフォンとして2012年8月から日本国内で提供されている。今回導入が決定したSTYLISTIC S01は、F-12Dをベースにしたメニュー画面や操作性を採用したほか、仏ユーザーに向けたカスタマイズも施しているという。STYLISTIC S01は今後、6月から提供される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加