logo

アマゾン、データウェアハウスサービス「Redshift」を正式に公開

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年02月16日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間2月15日、サービスとしてのデータウェアハウスとも言える「Amazon Redshift」を、数カ月にわたるプレビュー期間を経て正式に公開したと発表した。AWSはさらに、SAP、Informatica、CognizantからRedshiftへの協力を取り付けたことも明らかにした。

 AWSは、2012年11月の顧客向けカンファレンスで開始した限定プレビューに続いて、ペタバイト規模のクラウド型データウェアハウスRedshiftの供用を開始した

 AWSはRedshiftによってビッグデータおよび解析処理能力に対する需要を取り込みたいと考えている。Redshiftの狙いは、マネージドサービス、低コスト、プロビジョニングや環境設定などの自動化タスクによってデータウェアハウス市場に足場を得ることだ。

 AWSは、限定プレビューにおいて数々のケーススタディやユースケースを蓄積したと述べている。また、Redshiftのサービスチャネルも拡充された。同社によると、SAP、IBM、Informatica、Tableau Software、Attunity、Actuate、Pentaho、Talend、Birst、Roambi、Pervasive Software、MicroStrategy、JaspersoftがRedshiftをサポートするという。さらに、Capgemini、Cognizant、Full 360がインテグレーションパートナーとしてRedshiftをサポートする。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集