logo

Bluetoothでファイルのやり取りができる「Bluetooth File Transfer」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Bluetooth File Transfer(Ver.5.32)
金額:無料(2013年1月29日時点)
カテゴリ:通信
開発:Medieval Software
使用端末:LYNX 3D SH-03C
おすすめ度:★★★☆☆

 スマートフォンで撮影した写真のファイルをパソコンに移したい時に、わざわざUSBケーブルを接続しないといけないというのは面倒なものだ。最近では専用のアプリを用いることで、Wi-Fi経由でLANに接続してファイルのやり取りをするという手段も用意されているが、これも自宅やオフィスなど、何らかの環境が用意された所でしか利用することができず、外出先などではなかなか難しい。

Bluetoothでさまざまな機器と接続してフォルダを共有し、ファイルのやり取りができるようになる
Bluetoothでさまざまな機器と接続してフォルダを共有し、ファイルのやり取りができるようになる

 そこで活用したいのが、もう1つの無線通信手段であるBluetoothだ。実はBluetoothを用いれば、ヘッドホンやキーボードだけでなく、他のパソコンやスマートフォンなどとも接続でき、無線でファイルのやり取りが簡単にできるようになる。このBluetoothによるファイル転送を簡単で便利にしてくれるのが「Bluetooth File Transfer」だ。

 Bluetooth File Transferの特徴の1つは、単にBluetooth経由で他のパソコンなどと接続するだけでなく、接続したデバイスのフォルダを共有することにより、複数のファイルのやり取りが簡単にできるようになること。専用のファイル管理ツールを用い、スマートフォン側から転送したいファイルをコピーし、それを共有フォルダに貼り付けることで、多くのファイルをまとめて送信できる。また逆に、接続したデバイスの共有フォルダに、あらかじめファイルを用意しておけば、スマートフォン側からそれらのファイルをまとめて受信できるようになる。

 そしてもう1つ、Bluetooth File Transferの特徴として挙げられるのが、通常のファイルだけでなく、連絡先やアプリファイルなどもBluetoothで転送できるということ。それゆえ他のスマートフォンと連絡先のデータを共有したり、アプリを転送してインストールしたりといった用途にも役立てられるのだ。

 周辺機器を持っていないと活用の機会が少ないように感じるBluetoothだが、実は他の機器との連携をする上でも、非常に役立つものなのだ。Bluetooth File Transferを使うことで、Bluetoothをもっと有意義に活用してみてはいかがだろうか。

  • ファイルを送信するには、ローカルファイルのタブで転送したいファイルをコピーした後、Bluetoothマークのリモートファイルのタブに切り替え、貼り付ければよい

  • するとファイルが自動的に転送される。複数のファイルをまとめて転送することも可能だ

  • 接続したデバイスの側にファイルを用意することで、スマートフォン側でそのファイルを受信したり、一時的に利用したりできるようになる

  • ファイルの送受信だけでなく、連絡先データをBluetooth経由で転送することも可能。複数の電話帳を選択し、他のスマートフォンなどに直接登録できる

  • アプリのパッケージを転送することもできる。転送したパッケージを使ってアプリをインストールすることも可能だ

>>「Bluetooth File Transfer」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集