ノキア、Lumia向け有料サービス「Nokia Music+」発表

Matthew Miller (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年01月28日 10時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これまで「Lumia」の利用者には「Nokia Music」という無料のサービスが提供されてきたが、このたび、有料のオプション「Nokia Music+」が提供されることになった。他の音楽サブスクリプションサービスの半額ほどで提供される。

 筆者はNokia製「Lumia 920」の赤と黄色を所有している。Nokiaならではのサービスのおかげで、Lumia 920は最も魅力的な「Windows Phone」になっていると思う。なかでも「Nokia Music」サービスが気に入っているが、現地時間1月27日の発表によると、「Nokia Music+」を利用すれば、月額3.99ユーロでさらに多くのオプションが利用できるようになるという。

 Nokiaは「Nokia Drive」を他のメーカーにも解放しているが、Nokia MusicはまだLumiaだけのサービスのようだ。音楽サブスクリプションサービスの多くは月額9.99ユーロかかるので、これはお得なサービスに思える。

 Nokia Music+のサービスに関する同社の発表を以下に抜粋する。

  • 無制限のスキップ機能:あるトラックから別のトラックへとスキップするのが好きな人も、聴いている曲に対するコントロールを増やしたい人も、「Nokia Music+」でそれが叶う。
  • 無制限のダウンロード:無料版では「Mix」を4つまで(それぞれに何時間分もの音楽が保存される)ダウンロードし、インターネット接続なしで再生できた。有料サービスではこの制限が取り除かれ、オフライン用の音楽を無制限にダウンロードし、スワッピングすることができる。
  • 高音質:Nokia Musicでは2.5Gで接続している場合もストリーミングの音質が高いことに人々は驚いたが、Nokia Music+では今までより8倍良い音質の音楽をダウンロードできる。また、例えばWi-Fi接続をしているときは高音質でしかダウンロードしないなどの設定ができる。
  • 歌詞:聴いている音楽の歌詞がLumiaで確認できる。スクロール式のリストかカラオケスタイルのフォーマットなどで表示される。
  • デスクトップから:Nokia Music+のサブスクリプションに申し込むと、携帯電話なしでもサービスにアクセス可能。ウェブアプリケーションを利用してコンピュータやスマートTVなどの接続された画面でMixを再生できる。

 サービスは向こう数週間で展開される予定。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加