パナソニック、“全部録り”機能を内蔵した「DIGA」登場--6ch×最大16日分

加納恵 (編集部)2013年01月25日 16時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは1月25日、BDレコーダー「DIGA」に、6ch×最大16日分のまるごと録画機能を搭載した「DMR-BXT3000」を追加した。最新ニュースや天気予報、キーワードによる録画番組検索などの多彩な再生機能も備える。発売は2月10日。店頭想定価格は14万円前後になる。

  • 「DMR-BXT3000」

 地上デジタルチューナ6基、BS、110度CSチューナ3基を搭載し、任意の6チャンネルをまるごと録画できる「チャンネルまるごと」録画機能を搭載。2Tバイトの内蔵HDDには1750Gバイト分の録画領域を確保する。加えて250Gバイト分の通常録画領域と、地上、BS、110度CSチューナ1基も設け、通常の番組録画にも対応可能だ。

 チャンネルまるごと録画は、録画モードをチャンネルごとに変更できるほか、録画する時間帯の設定も可能。録画済み番組は「チャンネル録画一覧」から選択でき、過去の番組表を見る感覚で番組を見ることができる。

 また録画済み番組の中から「ニュース」「天気予報」のみをピックアップできたり、登録キーワードやジャンルから、該当する番組をリストアップしてくれたりする、「新スタートメニュー画面」を用意。ネットに接続し、PCやスマートフォンからDIGAに録画予約ができる「ディモーラ」サービスに登録すると録画ランキングや旬のキーワードで検索した番組なども見られる。

 チャンネル録画した番組再生中にリモコンの「おすすめ」ボタンを押すと、再生中の番組と同ジャンルの番組一覧を表示することが可能。「ディモーラ/ミモーラ」のプレミアム会員向けには、再生中の番組内容や出演者と関連したほかの番組のシーンを一覧で表示再生する検索機能も備える。

 USB HDD接続にも対応し、通常録画ができるほか、チャンネル録画した番組をUSB HDDへダビングすることも可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加