iPhone用「Facebook Messenger」アプリ、米国で音声通話が可能に

Jennifer Van Grove (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月17日 10時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookが「iPhone」用の「Facebook Messenger」アプリケーションをアップデートした。米国の利用者は、同ソーシャルネットワークサービス(SNS)上の友人と無料で音声通話できるようになった。

 利用者は、知り合いの連絡先情報のページに「Free Call」というボタンが表示されようになったことに気づくだろう。このボタンをタップすると、相手にWi-Fiか電話のデータ通信を使って電話をかけることができる。

 The Vergeによると、Facebookは米国時間1月16日から音声通話の機能を展開し始めた。VoIP機能は1月上旬にまずはカナダの利用者に試験提供されたが、米国で提供する準備が整ったと判断されたものと思われる。

 通話機能により、Facebook Messengerは単なるSMSや「iMessage」の競合ではなくなった。同社はいまや、通信キャリアにとって真の脅威となる可能性を秘めているが、ここでさらに注目すべきは、ティーンエージャーの興味を引きつけられるかどうかだ。

 Facebookは無料通話を擁し、若者を取り込むための基礎を築いた。ティーンエージャーは、(ほかの端末と)音声やデータの通信量を共有するプランあるいは制限付きのプランで「iPod touch」やスマートフォンを利用している。一番良く使うのはメールだろうが、時には電話をかけたくなることもあるだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加