ソニー、スポーツに最適な「Walkman W」が進化--水泳時でも使用可能に

加納恵 (編集部)2013年01月15日 13時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月15日、ヘッドホン一体型デジタルオーディオプレーヤー「Walkman W」シリーズに防水性能をアップさせた「NWD-W273」を発表した。水泳時での使用にも対応する。発売は2月16日。店頭想定価格は1万円前後になる。

 Walkman Wシリーズは、ヘッドホンとプレーヤーを一体化させ、携帯性に優れたモデルだ。ケーブルが気にならず防水も施されるなど、ランニングやエクセサイズなどのスポーツ用モデルとしても販売されている。

 NWD-W273では、防水性能を従来のIPX5相当から、IPX5/8相当へと向上。雨や機器の水洗い程度だった防水レベルを2m防水にまで進化させ、水泳時での使用も可能にした。防水性能の向上は、ランニングやフィットネス需要に加えて、新用途となるスイミング需要を喚起させることが狙い。プール内での使用を想定しており、海水での使用はできない。

 内蔵メモリは4Gバイトで、MP3/WMA/ATRAC/リニアPCM/AAC形式でのファイル再生に対応。Windows XP/Vista/7/8に加え、Mac OS Xでの使用もサポートしている。

 現行機に比べ小型軽量化を実現し、重量は従来の32gから29gへと約30%ダウン。音量調整や再生などの操作ボタンはヘッドホン部に装備されており、従来スライド式だった電源ボタンを右ヘッドホンの側面にボタン式に変更して搭載することで、本体の小型化を可能にしたとのことだ。

 ネックバンドの形状も、反り上がるようにすることで、装着時にずれにくくしている。加えて頭の幅が狭い人や激しい運動時でもホールド感を維持できるよう、調整バンドを同梱する。電源はリチウムイオン充電池で、約8時間の再生が可能。3分間の充電で60分使用ができるクイックチャージにも対応している。

  • 「NWD-W273」。ボディカラーはブラック、ホワイト、ブルー

  • 口径13.5mmのEXヘッドホンを搭載する

  • 充電用のUSBクレードルを同梱する

 NWD-W270専用のソフトキャリングケース「CKS-NWW270」(店頭想定価格:2000円前後)も発売される。高さ178mm×幅120mm×奥行き53mmのコンパクトサイズで、ジッパー部にマット素材を使用。外部、内部ともに汚れを拭き取りやすい素材を使用しているとのこと。ホルダ部は脱着可能で、バックやベルトへの取り付けにも対応する。
  • 「CKS-NWW270」

  • 内部のホルダは脱着可能

  • すっきりと収納できる

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加