logo

「Ubuntu for phones」について、知っておくべき5つのこと - (page 2)

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2013年01月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

#3:とは言うものの、まもなくスマートフォン上でUbuntuが稼働するようになる

 もう少しの辛抱だ。あと数週間も経たないうちにスマートフォンにUbuntuのベータ版をロードできるようになるはずだ。Ubuntuのこのローエンドバージョンを稼働させるには、1GHzの「Cortex-A9」以降のプロセッサと、少なくとも512MバイトのRAM、4〜8Gバイトのストレージ、SDカード、マルチタッチスクリーンを搭載した携帯電話が必要となる。多くの携帯電話はこれくらいの性能を有しているはずだ。

 携帯電話上でデスクトップをサポートできるハイエンドのUbuntuを稼働させたいという場合、そう簡単にはいかないだろう。ハイエンドのUbuntu Phoneには、クアッドコアのCortex-A9プロセッサやIntelの「Atom」プロセッサと、少なくとも1GバイトのRAM、32Gバイトのストレージ、SDカード、マルチタッチスクリーンが必要となる。

 この要求を見て、Ubuntuのこのベータ版がタブレット上でも稼働しそうだと感じたかもしれない。筆者もそう感じている。その通り、確かに稼働させることができるだろう。しかしそれはCanonicalの当面の目標というわけではない。

#4:Ubuntu for phonesは、「Ubuntu for Android」と同じものではない

 多くの人はこの点を誤解している。「Ubuntu for Android」の設計は、Android携帯上にUbuntuを搭載することが目標となっているため、両者は共存できるのである。Ubuntu for Androidを用いることで、携帯電話のOSとして今まで通りAndroidを利用できるようにしつつ、Ubuntuをも搭載したことになるため、キーボードやマウス、モニタを接続してPCのように携帯電話を使用できるわけだ。

 これに対してUbuntu for phonesは、Androidを完全に置き換えるようになっている。ハイエンドのUbuntu Phoneは、スマートフォンをPCの代替として使用できるようにするだけの力を備えており、Androidの必要性を一切なくしている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]