ASUS、SIMフリーの「PadFone 2」--4.7インチスマホ、10.1型タブレットにも変身

坂本純子 (編集部)2013年01月10日 13時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ASUSTeK Computer(ASUS)は1月10日、10.1インチのディスプレイと4.7インチのスマートフォンをドッキングできる「PadFone 2」を1月12日より発売すると発表した。価格は7万9800円。

「PadFone 2」は、「PadFone 2本体」と10.1インチの「PadFone 2 Station」で構成される
「PadFone 2」は、「PadFone 2本体」と10.1インチの「PadFone 2 Station」で構成される

 PadFone 2はSIMフリー方式を採用。W-CDMA(DC-HSDPA/900、2100MHz)に対応する。4.7インチ(1280×720ドット)のスマートフォン(ASUSではスーパーフォンと称する)「PadFone 2本体」と10.1インチ(1280×800ドット)のディスプレイ「PadFone 2 Station」で構成される。海外ではすでに発売されてきたが、いよいよ日本でも展開される。

 PadFone 2本体はPadFone 2 Stationにスライドさせるとドッキングできるのが特長だ。普段はスマートフォンとして単体で使用し、自宅ではタブレットとして大画面で電子書籍やゲームを楽しむ、といった具合にシーンに合わせて利用できる。

 PadFone 2本体の重さは約135g、PadFone 2 Stationは約514g。2012年11月の本誌インタビューで会長Jonney Shih(ジョニー・シー)氏は「すべてあわせても、新しいiPad(iPad Retinaディスプレイモデル)よりも軽い」とし、開発のコンセプトなどを語っている。

Android 4.1.1、本体+ドッキングステーションでも649g

 OSはAndroid 4.1.1で、PadFone 2本体には4.7型ワイドTFTカラータッチスクリーン Super IPS+液晶(LEDバックライト)と「Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064(1.5Ghz クアッドコアCPU)」、2Gバイトのメインメモリを搭載する。

本体をドッキングするとタブレットとして使用可能に
本体をドッキングするとタブレットとして使用可能に

 ストレージは64Gバイトで、別途ウェブストレージとして「ASUS WebStorageサービス(50Gバイト/24カ月無料体験版)」が利用できる。本体のカメラは1300万画素で1080p、30fpsの動画撮影、最大100枚の連写に対応する。インカメラは120万画素。PadFone 2 Stationのインカメラは100万画素となっている。

 3G通信で最長約16時間の通話が可能。インターネット使用時間は最長約13時間で、ビデオ再生時間は最長約9時間。PadFone 2 Stationは5000mAhの大容量バッテリを内蔵しており、ドッキングするとバッテリ容量が約2.5倍向上するとしている。なお、PadFone 2 StationはCPUを持たず、単体では使用できない。

 アプリは、テキストや画像、手書き文字などを取り混ぜたメモを作成できる「SuperNote」、Office文書を閲覧・編集できる「KINGSOFT Office for Android」、簡単なタッチ操作の翻訳アプリ「インスタント辞書」などをプリインストールしているという。

  • PadFone 2本体

  • PadFone 2本体の背面

  • 10.1インチディスプレイ搭載の「PadFone 2 Station」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加