JVC、裏面照射CMOSと高性能レンズで暗所撮影に強い新「Everio」--Wi-Fiモデルも

加納恵 (編集部)2013年01月09日 15時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、ビデオカメラ「Everio」シリーズに、Wi-Fi搭載機を含む、新モデル3機種「GZ-VX895/V675/E565」を追加した。全機種裏面照射CMOSセンサを搭載し、再現性の高い動画撮影をサポートする。発売は1月下旬。

  • 「GZ-VX895」

 GZ-VX895/V675は、新開発の1/2.3型裏面照射CMOSセンサとF1.2スリムレンズを搭載した上級機だ。最低照度1ルクスでの高感度撮影ができ、ノイズの少ない明るい映像を撮影できる。

  • 「GZ-V675」

 両機種ともに高さ57mm×幅36mm×奥行き115.5mmで、重量は約210(V675は205)gで、横幅36mmというスリムモデル。3型のタッチ式液晶モニタを備え、光学10倍、ダイナミック21倍のズーム撮影に対応する。

  • Wi-Fi機能にはスマートフォンからスポーツの試合などで得点が入力できる「スコアリング機能」も用意

 VX895のみWi-Fiを備え、無線LAN経由で撮影した映像をPCにワイヤレスで保存できる「ワイヤレスワンタッチバックアップ機能」を搭載。加えて離れた場所から操作やモニタリングができる「モニタリング機能」、専用アプリ「Everiosync.2」をインストールしたスマートフォンやタブレットから、電源オン、ビデオライトを操作することも可能。別売のパンクレードル「CU-PC1」と組み合わせれば、遠隔操作で左右±90度のパーニング撮影も行える。

 VX895は64Gバイトの内蔵メモリを備え、店頭想定価格は10万円前後。V675は内蔵メモリ32Gバイトで同9万円前後になる。

  • 「GZ-E565」

 E565は、広角29.3mmから光学38倍、ダイナミック65倍までをカバーする新開発レンズを搭載。液晶パネルを開くと自動的にレンズカバーも開く「オートレンズカバー機能」を備え、瞬間を逃さず撮影が行える。

 総画素251万の1/5.8型 裏面照射型CMOSセンサを内蔵し、暗所撮影時でもより鮮明で高精細なフルハイビジョン映像の撮影をサポートする。

 本体サイズは高さ59.5mm×幅53.5mm×奥行き116.5mmで、重量約220g。32Gバイトの内蔵メモリを備え、店頭想定価格は7万円前後になる。

 いずれの機種も、独自の高音質技術「K2テクノロジー」を搭載し、記録時の音質をグレードアップさせているのが特長。従来は本体再生時のみにK2テクノロジーを使用し、再生音を高音質化させていたが、新モデルでは記録段階でK2処理するため、本機以外の再生機で視聴する際や、他のメディアにダビングしても、同技術の効果を得た、音声が再生できるとのこと。加えて「風切り音カット機能」を自動化することで、効果的に風切り音を軽減できるようになった。

 ビデオカメラ側が撮影シーンを自動判別し、最適な映像処理をする「インテリジェントオート撮影」は、従来の12パターンから284パターンへと大幅に増強。記録時にマーキングされたベストシーンやいい笑顔、顔登録人物を再生ができる、新「ダイジェスト再生機能」も備える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加