logo

モバイル機器向けプロジェクタがより高輝度、省電力に--最新DLP Picoを発表

加納恵 (編集部)2013年01月09日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テキサス・インスツルメンツは、携帯機器向けDLPプロジェクタ用のチップセット「DLP Pico」の最新アーキテクチャ「Tilt & Roll Pixel(TRP)」を発表した。現行品に比べ約30%の輝度向上などを実現している。

 TRPは、輝度向上のほか最大50%の省電力、同サイズのチップに比べて2倍の解像度を持つことがメリット。これにより、スマートフォン、タブレット、PCなどプロジェクタ機能を持つモバイル機器の性能を大幅に向上できるとしている。

 テキサス・インスツルメンツでは、新しいTRPアーキテクチャを有するDLPチップの搭載を今後進めていく。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集