logo

自分に合ったレベルの洋書を探せるiPhoneアプリ--「How Good is Your English?」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OXFORD BOOKWORMSは、英語学習者が、レベル別にリライトされた古典やフィクションなどのストーリーを楽しめるシリーズだ。

 レベルは全部で6つあり、各レベルで使用される語彙数や文法事項が決められている。そのため、ペーパーバックの本格的な小説はまだ読めないが、英語で読書を楽しみたいという学習者でも、自分のレベルに合わせて読書を楽しめる。

 ただ、シリーズの数が多いため、自分が読めるBOOKWORMSのレベルを判断するのが難しい。How good is your Englishは、そのような学習者がすでにiOS向けにアプリ化されているOXFORD BOOKWORMSシリーズの中から、自分に合ったレベルの本を探せるようにするアプリだ。

  • 起動画面からなんだか楽しそうだ。「My level?」をタップして、レベル診断テストに進む

 How good is your Englishには、レベルごとに2種類のテストが用意されている。自分のレベルにまったく見当が付かない場合は、レベル1のテスト1から順番に試してみるといい。普段読んでいるのが妥当なレベルかどうかを知りたい場合は、該当するレベルのテストから取り組んでみるといいだろう。テストは、4ページほどの文章を読みながら、文中の空白に当てはまる単語を選択するという形式だ。

 文章の前後の関係を考えて、動詞、主語、前置詞などの選択肢から、正しい時制や人称を決める必要がある。これにより、対象レベルのストーリーを追う英語力があるかどうかが判断される。問題の量はかなり多いので、しっかり取り組もうとすると、5分~10分ほどの時間がかかるだろう。

 レベルの診断結果が表示されると、間違えた所を見直すことができるが、おすすめのBOOKWORMSシリーズを表示すると、テスト結果に戻ることはできなくなる。本アプリは、英語学習用のアプリではなく、あくまでも、BOOKBWORMSシリーズの販促を目的とした診断アプリのため、結果を深刻に考えすぎずに、読書を楽しむのが吉だ。

 「Free Chapters」ページでは、各BOOKWORMSアプリの第1章がいくつか楽しめる。テストをしなくても、この中から気に入った本を見つけるといった使い方もできる。BOOKWORMSシリーズのアプリには、朗読も含まれており、リーディングとリスニングの両方の学習に使える。

 また、文中で色がついている単語をタップすると意味が英語で表示される。読んでいる本のボキャブラリー一覧を見ることもでき、その本を読むと、どのような単語を覚えることができるのかを見られる。続きが気になる本は、「Buy」をタップして、Appストアから購入するといいだろう。

 英語を勉強しているからといって、問題集ばかりやっていたのでは意味がない。英語の感覚を体にしみこませるには、日本語でそうしてきたように、たくさんの英語の本を読む必要がある。いわゆる「多読」というやつだ。本アプリは、多読の一助となるだろう。

  • テストは各レベルに2種類ずつ。全部で6レベルまである。自分のレベルがまったく分からない場合は、STAGE 1のTest 1からやってみよう

  • テストは穴埋め問題。空欄をタップして、正しい回答を選択する

  • 前後から判断して、正しい時制を選択する問題。きちんと読んで回答することで、自分にぴったりの本が探せる

  • 間違いが多いとそのレベルの本を読むのは難しいので、レベルを変える必要があるだろう

  • お勧め本の一覧。若干押しにくいが、Readをタップすると、第1章が読める(音声もついている)

>>How Good is Your English?(for iPhone)のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集