世界最大の家電イベント

ソニー、CES会場で56型の有機ELテレビを披露--4K解像度の試作機

加納恵 (編集部)2013年01月08日 17時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは1月8日、「2013 International CES」にて、56型有機ELテレビの試作機を参考出品した。3840×2160ピクセルの4K解像度モデルになる。

 試作機では従来用いていた、低温ポリシリコンTFTを酸化物半導体TFTに変更することで、56型という大型サイズながら4K解像度の高精細パネルを構築。このパネルを開口率が高く、有機EL層から効率的に光を取り出せる独自のSuper Top Emission(スーパートップエミッション)方式を組み合わせることで、高コントラスト、高輝度、高速動画応答性能、広視野角を誇る大型サイズの有機ELテレビを実現した。

 なお、今回の試作機に使用した有機ELにパネルは台湾のAUOと共同開発したものを使用している。

 ソニーでは、2007年に11型の有機ELテレビ、2011年には放送業務用途の25型、17型モニタを商品化し、有機ELテレビの量産、商品展開に取り組んできた。今後は、4K対応有機ELテレビの実用化・商品化に向けて継続的に開発に取り組んでいくとしている。


56型4K対応有機ELテレビ 試作機のイメージ
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加