Dropbox、クラウドベースの写真ライブラリを提供する新興企業Snapjoyを買収

Rachel King (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月20日 11時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dropboxは、オンライン写真共有分野への参入に関心があることを繰り返し示唆している。それを示す最新の証拠が、クラウドベースの写真ライブラリを提供する新興企業Snapjoyの買収だ。

 参考までに、Snapjoyのプラットフォームを利用すると、複数のオンラインおよびオフラインのソース(例えば、Flickrやデスクトップ、「iPhone」など)から写真を集めて、クラウドベースのアカウントに保存することが可能だ。ユーザーは写真の一部または全部を、選択した友達への招待状送付によって共有するのか、それともソーシャルネットワーク上で共有するのかを選ぶことができる。

 Snapjoyの洗練された写真ストリームは、ユーザーが写真を「live」した順番(元々の写真が生成された時間に基づいていると思われる)で写真を表示するが、これはSnapjoyが提供を目指した差別化の1つだ。


提供:Screenshot/Snapjoy

 Snapjoy幹部陣は米国時間12月19日のブログ投稿で、Dropboxによる買収のニュースが事実であることを認めた。同社の声明の一部を以下に抜粋する。

 同じようにY Combinatorから資金提供を受けた企業として、われわれはDropboxとその製品を常に賞賛し、愛してきた。われわれが同社の創設者たちに初めて会った瞬間から、われわれが同じ目標を共有していることは明白だった。Dropboxの優秀なチームと力を合わせることで、われわれは同社プラットフォームのテクノロジと規模を活用し、本当に重要なこと、つまり1億人以上の人々に素晴らしい写真体験を提供する作業に注力できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加