logo

ヤフーのスマホアプリ「防災速報」、ユーザー全員に地震と津波の情報を配信

岩本有平 (編集部)2012年12月07日 19時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月7日午後5時18分頃に三陸沖で発生した地震。平日夕方ということで、携帯電話のほか、TwitterLINEなどさまざまなツールで情報を得た人々がいたようだ。

 ソーシャルメディアでは、ヤフーが提供するスマートフォンアプリ「防災速報」によるプッシュ通知を挙げる声もあった。

 ヤフーによると、今回防災速報での地震情報は、地震が発生して1分以内となる午後5時19分03秒に発信されたという。現在アプリの登録ユーザーは140万人。「地震情報と、その後の津波予報が登録ユーザー約140万人に一斉配信されたことを確認した」(ヤフー)という。

-PR-企画特集