logo

アップル、イスラエルでテキサス・インスツルメンツの元エンジニアを多数採用か

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月05日 12時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 報道によると、Appleはイスラエルでの事業拡大を目指して、同国のTexas Instruments(TI)の元エンジニアを求めているという。

 情報筋がThe Next Webに語ったところによると、AppleはTIがイスラエルの事業所の1つで250人の人員削減を行った後、多数のエンジニアを採用しているという。

 Appleは、ヘルツリヤとハイファに研究開発センターを建設しようと取り組みを強化している、と同報道で伝えている。

 TIは11月に、コンシューマー市場からの撤退と組み込みシステムへの注力を掲げて、世界で従業員約1700人の解雇を発表した。同社は、チップの技術を組み込みの市場や自動車分野に売り込むことに注力しようとしている。

 報道によると、TIのエンジニアらは、多数のスマートフォンやタブレットに採用されているBluetoothやWi-Fi技術に対応しているラジオチップの開発に取り組んでいた。しかし、TIは再び研究開発の取り組みを米国に戻し、Open Multimedia Application Platform(OMAP)の事業を縮小し始めた。OMAPは、「Kindle Fire」などの製品で採用されているシステムオンチップ(SoC)だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集