logo

ドコモとパイオニア、「しゃべってコンシェル」対応カーナビサービス

松田真理 (マイカ)2012年12月05日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモとパイオニアは12月4日、NTTドコモの音声エージェント機能「しゃべってコンシェル」の技術を応用した、自動車向け音声意図解釈技術を共同で開発したことを発表した。

 今回開発した技術は、しゃべってコンシェルの音声認識技術や意図解釈技術と、パイオニアの自動車向けコンテンツ配信技術などを組み合わせている。例えば、「ペットと入れるレストラン、ない?」と言うと、ペットの入店が可能なレストランが表示されるなど、自然な言葉で音声操作できるという。

 この技術を応用してNTTドコモでは、カーナビゲーションサービス「ドコモ ドライブネット」で目的地検索やカーナビ操作を音声から指示できる新機能を12月5日に追加する。対応機種は、spモードを契約したAndroid 4.0以上のドコモ ドライブネットに対応する端末。月額使用料は315円だ。

 両社は今後、音声意図解釈技術と関連コンテンツの共同開発や提供で協業するとしている。

図1 自動車向け音声意図解釈技術の利用イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます
説明 ドコモ ドライブネット新機能の利用イメージ
※クリックすると拡大画像が見られます

-PR-企画特集