ジャスト、Windows 8完全対応「ATOK 2013」発表--発売前のプレビュー版も公開

坂本純子 (編集部)2012年12月04日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ジャストシステムは12月4日、日本語入力システム「ATOK 2013 for Windows」の発売に先駆けて、「ATOK 2013 for Windows プレビュー版」を公開した。

発売前にATOK 2013が使える--プレビュー版公開

 ATOK.comから無料でダウンロードできる。2013年2月7日18時までダウンロード可能で、同日24時まで利用できる。製品版の発売は2013年2月8日を予定している。ユーザー登録が必要となる「ATOKキーワードExpress」が利用できないなど、一部に機能制限がある。

スマホ向けのUI生かし、Windows 8のタッチパネルに対応

Windows 8に完全対応
Windows 8に完全対応

 ATOK 2013は、Windows 8に完全対応した。Windowsストアアプリ向けにシンプルで視認性の高いインターフェースを採用し、デスクトップ上で動作するアプリと学習履歴やユーザー辞書、環境設定を共有できる。

 Windows 8対応の開発にあたっては、違和感なく操作できるようこれまでのATOKの操作体系を継承しつつ、スマートフォン版で培ったタッチパネル向けのユーザーインターフェースを実装したという。

単文節での入力支援を強化--SNSでも誤字を少なく

タッチパネル向けのユーザーインターフェースを実装
タッチパネル向けのユーザーインターフェースを実装

 最近では、TwitterやFacebookなどの短いテキスト入力の増加により、単文節単位での入力傾向が顕著という。入力スタイルの変化を踏まえ、単文節ごとの校正支援を強化。気づかないままエンターキーを押してしまいがちな無変換時の「ひらがな部分」の打鍵ミスなどにも対応し、修復候補を提示する。また、表現モードを切り替えずに、口語など身近な言葉の変換精度を向上させた。

  • ひらがな部分の打鍵ミスも支援

  • このように修復候補を提示する

  • 話し言葉なども変換精度アップ

 製品版は、「ATOK 2013 for Windows [ベーシック]」(8400円)ほか、プレミアム版限定の機能や変換辞書・連携電子辞典を搭載した「ATOK 2013 for Windows [プレミアム]」(1万2600円)がある。

ATOKクラウド辞書サービス
ATOKクラウド辞書サービス

 プレミアムでは、クラウド上のATOK連携電子辞典から、入力中のことばの意味をすぐに調べられる「ATOKクラウド辞典サービス」を利用できる。クラウドサービスのため、常に最新の電子辞典を活用できるのが特長。サービス開始時には「スーパー大辞林 3.0」「ウィズダム英和辞典 第3版」の提供を予定しており、順次、提供する電子辞典を追加していく方針という。


「ATOK 2013 for Windows [プレミアム]」のパッケージ

 このほかにも、ATOK 2013 for Windowsと音声認識ソフト「ドラゴンスピーチ11J」をセットにした「ATOK音声入力セット 2013」(1万6590円~)も販売する。

 ATOKの販売動向は特にAndroid向けが好評で、2011年度はPC向けの1.6倍の販売数だったという。今年はWindows 8のリリースにより、PC市場の活性化に期待しているとした。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加