logo

Windows 8搭載「ThinkPad Tablet 2」--32%薄型、23%軽量化 - (page 2)

坂本純子 (編集部)2012年11月16日 19時25分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCと同様に運用管理できる「Windows 8」搭載の強み--企業導入シーンで

法人向けタブレットの現状
法人向けタブレットの現状

 レノボ・ジャパンのThinkClient Brand Managerである土居憲太郎氏は、法人向けタブレットの現状として、Androidは2万円以下の低価格帯のものが求められているという。機能よりもとにかくコストが重視だという。またiOSは、運用管理もPCとは別の方法で、機能を限定し割り切った使い方をしていると見る。

 それに対し、ThinkPad Tablet 2はWindows 8を採用することで、PCと同等の運用管理、セキュリティ、拡張性の高いハードウェア、ユーザビリティを保てるのが強みだ。

ThinkClient Brand Managerの土居憲太郎氏
ThinkClient Brand Managerの土居憲太郎氏

 企業での利用シーンにおいて、「Androidはセキュリティが弱いと言われてきたが、どの部分が不安か明確な回答は得られなかった。多くは経験がないということ。数百台、数千台の端末を管理すればいいのか、知識がない部分もあり、PCとどう分けるかが課題となっていた。Windows 8搭載のタブレットなら、運用管理をそのまま統合できるのが特長」と説明する。

 また、最大の特長はWindowsアプリケーションが動作することだ。「ブラウジングはできるが、Javaを使ったものの一部に動かないところがあると聞いている。また、手袋、グローブなど、画面を直接タッチできないシーンではペンを使える」とし、通常のビジネスシーンだけでなく、医療や建設現場、デジタルサイネージ、コンビニやファミレスなどの店舗、教育現場でデジタル教科書として利用できるとした。

  • 豊富なアクセサリ

  • ThinkPad Tablet 2の対象マーケット

  • 競合製品との比較

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]